Department of Eletrical Engineering

理工学部 電気電子情報工学科

3分野にまたがる多彩な専門テーマを学び、
電子?情報化社会を担う人材として成長

ハイテク時代を支える電気電子情報工学は、通信?情報、エネルギー?環境、エレクトロニクスデバイスの3分野に大別されます。宇宙、海洋、都市、建設、食品、鉄道、自動車、福祉、娯楽といった社会のあらゆる分野において、情報化を推進する原動力として重要な役割を担っています。本学科では、情報通信工学コース(通信?情報)、電気工学コース(エネルギー?環境)、電子工学コース(エレクトロニクスデバイス)、および3分野の基礎知識の習得に重点を置いた電気電子情報工学コースの4コースに分かれ、電子?情報化社会を担う技術者や研究者を育成しています。

概要図
  • 電気電子情報工学科の特徴1

    柔軟に学べる
    コース制

    豊富な専門選択科目から体系的に科目選択をしていくゆるやかなコース制を採用しています。3年次からは、通信?情報、エネルギー?環境、エレクトロニクスデバイスの3分野に対応するコースに分かれますが、選択したコース以外の科目も自由に選択できます。

  • 電気電子情報工学科の特徴2

    基礎力を固め
    各分野に展開

    1~2年次で全体に共通する基礎科目を学ぶことで、いずれの分野へも自由に展開できる力を養います。そのため低学年のカリキュラムでは、数学、電気磁気学、電気回路理論といった基礎学力をつける科目が主となり、その学力を確かなものにするため演習に力をいれています。

  • 電気電子情報工学科の特徴3

    科目の選択次第で
    様々な資格を取得可能

    様々な資格取得の道が開かれていることも本学科の特徴。科目の選択次第で、電気通信主任技術者、第一級陸上無線技術士の国家試験における一部科目免除、第一種電気主任技術者(要実務経験)、第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士などの資格取得が可能です。

基礎情報?資格 BASIC INFORMATION & CERTIFICATION

キャンパス 取得学位 在籍学生総数 目指せる資格
野田キャンパス 学士(工学)

665名
(男?613名/??52名)

2020年5月1日現在

?電気主任技術者/電気通信主任技術者
?第1級陸上無線技術士
?第1級陸上特殊無線技士
?第3級海上特殊無線技士

カリキュラム CURRICULUM

■必修科目 ●選択必修科目 ◆選択科目

1年次 2年次 3年次 4年次
■数学1/数学2/微分積分学1/微分積分学2/物理学A-1/基礎情報工学A/基礎情報工学B/物理学実験A/物理学実験B/基礎電気数学及び演習/基礎電気工学/電気磁気学A及び演習/電気物理学/電気電子情報工学デザイン/電気電子情報工学概論
◆化学1/化学2/物理学A-2/現代物理学/図学?製図/技術者倫理
■電気磁気学B及び演習/電気回路B及び演習/応用数学1A/応用数学1B/応用数学2A/応用数学2B/電気回路C/電気磁気測定1/電子回路A及び演習/電子回路B及び演習/電気工学実験1/電子物理学
◆電気磁気学C/応用数学3/電気磁気測定2/材料力学/機械工学通論/プログラミング基礎/コンピュータ科学基礎/基礎エネルギー工学/マルチメディア表現技術/電気材料学
■制御工学1/電気工学実験2
◆電気英語1/電気英語2/応用数学4/電気工学特別講義/電気計測/電子計測
■卒業研究
エネルギー?制御?環境分野 ◆電気機器学1/電気機器学2/パワーエレクトロニクス/ロボット工学/発変電工学/電力系統工学/送配電工学1/送配電工学2/制御工学2 ◆電気機器設計及び製図/電気鉄道工学/電気法規及び電気施設管理
情報?通信?コンピュータ分野 ◆情報理論/電気通信工学1/電気通信工学2/伝送工学1/伝送工学2/信号処理論1/信号処理論2/電波システム工学/プログラミング言語/符号暗号理論/数値解析/コンピュータネットワーク/電波法/光通信工学基礎/マイクロ波工学/医用生体工学
エレクトロニクス?物性?材料分野 ◆電子回路C/ディジタル電子回路/量子電子工学/電子機能材料/固体電子工学1/固体電子工学2/集積回路工学A/半導体プロセス工学

2021年度 学修簿 卒業所要単位表

専門
科目
基礎科目 一般教養科目 自由
科目
合計
専門基礎 基幹基礎 関連専門
基礎
自然を学ぶ
科目群
人間と
社会を学ぶ
科目群
キャリア
形成を学ぶ
科目群
外国語を
学ぶ
科目群
領域を
超えて学ぶ
科目群
69 29 28 4 130

卒業研究?
研究室紹介
GRADUATE RESEARCH AND LABORATORIES

エネルギー?制御?環境分野
エネルギーはすべての源です。電気エネルギーを適切に制御することにより、工場で自動車を作り、新幹線を走らせ、ロボットを動かし、明かりのある快適な生活を作り出し、安全で豊かな社会環境を実現することができます。
情報?通信?コンピュータ分野
情報とは、音楽や画像、データなどを指します。この情報のやりとりを通信と言います。コンピュータ(電子計算機)は、処理?加工?通信などさまざまなことができます。
エレクトロニクス?物性?材料分野
電子機器やコンピュータなどのハードウェアは半導体集積回路や各種デバイスから成り立っています。本分野はそれらデバイスの基幹となる材料やその物性および回路を研究し、新世代の高機能電子機器を生み出す源をつくるものです。

学生の声 VOICE

時代が求める通信の大容量化
周波数変換技術で「拡張」を目指す

楳田研究室 4年 水津 慶一郎
愛知県?県立岡崎高等学校出身

印象的な授業 電気工学実験Ⅰ

※内容は取材当時のものです。

学生の声

進路 CAREER

進路グラフ

2021年3月31日現在

主な就職先

  • [情報通信業]
    インフォコム、SCSK、NECネッツエスアイ、NTTデータ、Google、KDDI、セコムトラストシステムズ、ソフトバンク、日本IBM、日本システムウエア、野村総合研究所、日立ソリューションズ、富士通

  • [機械器具]
    アイシン?エィ?ダブリュ、NEC、キヤノン、シャープ、スズキ、SUBARU、セイコーエプソン、ダイキン工業、トヨタ自動車、日産自動車、日本信号、日本電産、日立製作所、ホンダ、マレリ、三菱重工業

  • [運送?郵便、サービス業]
    JFEプラントエンジ、ゼネラルエンジニアリング、JR東海、JR東日本、メイテック

2018年3月~2020年3月卒業生

PICK UP

  • 電気電子情報工学科紹介へのリンクです

時代が求める通信の大容量化
周波数変換技術で「拡張」を目指す

楳田研究室 4年 水津 慶一郎
愛知県?県立岡崎高等学校出身

私の研究テーマである「帯域逓倍ディジタル?アナログ変換器(DAC)の実装実験」の背景には、「5G」などの「通信の大容量化」に対するニーズがあります。通信ネットワークの基幹伝送システムである光通信システムは、DACによってデジタル信号をアナログ信号に変換して伝送します。伝送容量の拡張における課題の一つは、DACの高速化。周波数変換技術を用いることで、周波数帯域の整数倍の拡張を目指しています。

学生の声
印象的な授業は?

電気工学実験Ⅰ

高校の学びから一歩踏み込んだ「実践的」な学びが展開されていることを実感できた授業です。自分の手を動かして実験的にさまざまな機器を扱い、講義で教わった理論との違いや仕組みを考察。より興味が湧き、理解が深まりました。

2年次の時間割(前期)って?
1 電子回路ⅠA
及び演習
(講義)
電子物理学Ⅰ 電気磁気
測定Ⅰ
電気回路
理論Ⅱ及び
演習(演習)
2 Reading
Skills B
Integrated
Skills in
English B
機械工学通論 応用数学ⅠA 応用数学ⅡA
3 プログラミング基礎 スポーツ
方法Ⅰ
(実技)
哲学Ⅰ 電気磁気学Ⅱ
及び演習
(演習)
4 電気工学
実験Ⅰ
電子回路ⅠA
及び演習
(演習)
基礎
エネルギー
工学
5 電気磁気学Ⅱ
及び演習
(講義)
電気回路
理論Ⅱ及び
演習(講義)
6

4年間の中で最も授業数が多かった一年です。友人との交流、バスケットボールのサークル活動、アルバイト。大学生活に慣れてきた時期ということもあり、楽しい毎日でした。

※内容は取材当時のものです。

五十嵐 研究室

[専攻]情報理論 [指導教員]五十嵐 保隆 准教授 [キーワード]情報セキュリティ
[テーマ例]?ブロック暗号の高階差分攻撃耐性評価 ?ストリーム暗号の差分/線形攻撃耐性評価 ?ハッシュ関数の中間一致攻撃耐性評価

現代社会は高度な技術により支えられています。その中でも無線LAN、携帯電話、IC乗車カード、ETCカード、衛星放送、地上ディジタル放送、ネットショッピング、ネットバンキング、電子マネーなどの技術を便利で安全なものとするためには、暗号技術の適用が不可欠です。われわれは社会の安全を脅かすような暗号アルゴリズムの欠陥の有無を理論解析、計算機実験により調査、研究しています。

居村 研究室

[専攻]電力変換工学?電磁気学 [指導教員]居村 岳広 准教授 [キーワード]ワイヤレス電力伝送
[テーマ例]?EVの走行中充電 ?磁界共振結合によるワイヤレス電力伝送 ?電界共振結合によるワイヤレス電力伝送

電力を送る方法としては有線の電気コードを使うのが当たり前です。しかし、無線で、非接触で、ワイヤレスで電力を送る方法があります。当たり前を超えた新しい価値を提供し、いつでも何処でも電力が使えるユビキタスエネルギー社会実現を目指し、また、日本におけるワイヤレス電力伝送の一大拠点となるべく研究しています。

楳田 研究室

[専攻]集積回路工学、通信工学 [指導教員]楳田 洋太郎 教授 [キーワード]高速集積回路,通信システム
[テーマ例]?通信用高速?高出力?高効率?高精度回路技術の研究 ?大容量?ユビキタス可視光通信用回路およびシステムの研究 ?高品質?高効率?高信頼伝送技術の研究

マイクロ波?ミリ波回路技術、集積回路設計技術、ディジタル回路?信号処理技術、光素子?アンテナ?伝搬技術、および通信システム技術を融合し、ユビキタスかつ低炭素な情報通信社会の実現を加速する新通信技術基盤の提案を行います。

片山 研究室

[専攻]エネルギー?環境工学 [指導教員]片山 昇 准教授 [キーワード]燃料電池システム?エネルギー工学
[テーマ例]?固体高分子形燃料電池システムの開発 ?エネルギー貯蔵システムの開発 ?エネルギーマネジメントや故障診断の研究

大規模な再生可能エネルギーの導入やエコカーの普及など、社会はエネルギーの転換期に来ているといえます。本研究室では、燃料電池システムや水素吸蔵合金によるエネルギー貯蔵システムの開発、太陽電池?リチウムイオン電池などを上手に活用するためのエネルギーマネジメントや診断技術の研究を進めています。また、実験による検討の他にシミュレーションや機械学習の技術を応用して、新たな課題に挑戦しています。

木村 研究室

[専攻]知能制御工学、宇宙システム工学 [指導教員]木村 真一 教授 [キーワード]自律制御,宇宙システム,ロボティクス
[テーマ例]?宇宙システムの自律制御技術に関する研究 ?民生用部品を活用した衛星搭載機器の開発 ?宇宙システムの遠隔操作に関する研究

本研究室では、実際に人工衛星や宇宙機に搭載するカメラやロボットの開発を通じて、自律分散制御技術、システム工学、ヒューマンインターフェース技術等の研究を進め、生物の自律性に学びつつ、宇宙システムやロボットなど高度な自律制御システムの実現を目指しています。基礎的な制御工学から、ものづくりまで、幅広く研究を進めています。

近藤 研究室

[専攻]電力系統工学?エネルギー環境工学 [指導教員]近藤 潤次 准教授 [キーワード]風力発電?太陽光発電?電力系統
[テーマ例]?負荷の消費電力制御による系統安定化 ?太陽光発電?小形風力発電用パワーコンディショナの特性調査と制御法提案 ?太陽光?風力発電の出力変動特性と系統影響の評価

国産かつクリーンな太陽光発電や風力発電の導入拡大は重要です。しかし従来の水力?火力?原子力発電と異なり、激しい発電出力変動や、小規模分散型電源であるという特徴から、それらの大量導入は電力系統の運用に悪影響を与えかねません。本研究室では、これらの問題を把握した上で、改善または解決する手段を研究しています。

杉山 研究室

[専攻]半導体デバイス工学?半導体物性 [指導教員]杉山 睦 教授 [キーワード]太陽電池?半導体光デバイス?半導体新素材
[テーマ例]?環境に優しい次世代高効率太陽電池の作製 ?透明な半導体を用いた新デバイスの作製 ?多元化合物半導体の基礎物性解明と新機能の探索

無毒で安心安全な材料を用いて、次世代型太陽電池やセンサなどの半導体光デバイスを作製しています。透明な太陽電池やコンピュータ、簡単に作れ安価に購入できる太陽電池など、これまでにない製品の提案をしています。また、元素の組み合わせを検討して、まだ誰も手にしたことのない特性を有する半導体材料の探索を行っています。

永田 研究室

[専攻]電子機能材料工学、誘電体物性 [指導教員]永田 肇 教授 [キーワード]強誘電体セラミックス,超音波?圧電材料
[テーマ例]?環境に優しい無鉛圧電セラミックス ?強誘電体セラミックスの微細構造と電気的諸特性関連 ?非鉛超音波デバイス応用?非鉛焦電型赤外線センサ?高温用圧電センサ応用への展開

電子機能性セラミックスの一つである強誘電体?圧電セラミックスは、電気と機械のエネルギー変換素子で、現在多量の鉛を含んでいます。本研究室では、環境に優しい非鉛強誘電体セラミックスの材料開発研究を行い、各種センサ?アクチュエータ?レゾネータ?超音波デバイス等のさまざまな電子機能性デバイスへの展開を図っています。

中村 研究室

[専攻]制御工学 [指導教員]中村 文一 教授 [キーワード]非線形制御理論,ロボット制御,移動体制御,ヒューマンアシスト制御
[テーマ例]?層理論に基づく非線形制御 ?移動体非線形制御 ?移動体のヒューマンアシスト制御

自動車?船舶?ドローンなどの移動体は、非線形性が強い制御システムです。本研究室では、移動体の非線形制御や、人間操作ミスによる事故を防止するためのヒューマンアシスト制御に取り組んでいます。

樋口 研究室

[専攻]無線通信工学 [指導教員]樋口 健一 教授 [キーワード]ディジタル変復調?符号化,無線通信システム
[テーマ例]?高速?高効率無線アクセス技術の研究 ?高効率ディジタル変復調?符号化技術の研究 ?高効率マルチアンテナ伝送技術(MIMO)の研究

無線通信は、有限の資源である時間?周波数?電力を活用して行われます。本研究室では、次世代のブロードバンドマルチメディア無線通信を実現するために、さらなる通信の高速化、高品質化および高効率化を目的として、無線アクセス技術、ディジタル変復調?符号化技術、マルチアンテナ伝送技術、無線リソース割り当て制御技術の研究を行っています。

兵庫 研究室

[専攻]電子回路学、集積回路工学 [指導教員]兵庫 明 教授 [キーワード]アナログ?ディジタル集積回路
[テーマ例]?低電圧?低消費電力集積回路に関する研究 ?マルチメディア用回路や携帯用通信?信号処理回路の高性能化 ?新しい電子回路の設計?解析技術に関する研究

急速に普及しているマルチメディア機器や携帯機器では、小型軽量化や高機能化のため、種々の集積回路が使用されています。本研究室では、これらを携帯に容易な電池1本で動作させるための回路、環境に優しい電力消費のより少ない回路、IoT時代において最先端で核となる通信用回路やアナログ?ディジタル変換回路、信号処理回路ならびに電源回路などの研究を行い、学会や産業界から高い評価を得ています。

古川 研究室

[専攻]半導体工学 [指導教員]古川 昭雄 教授 [キーワード]電気?電子材料,半導体材料,機能デバイス
[テーマ例]?電気?電子材料の創生と物性の評価?解明 ?半導体素子、圧電材料素子の作製と機能評価 ?高性能センサ等の高機能電子素子の作成?評価

われわれの身近にあり、生活を便利にするさまざまな機器には、半導体材料や電子材料を用いた電子?光素子や集積回路などが使われています。本研究室では、機器性能をよりよくするための電子素子や光素子を目指し、高性能素子につながる半導体材料、圧電材料等の電気?電子材料の創生、新しい電子?光素子実現のための研究を行っています。

星 研究室

[専攻]電力変換工学?電気機器学 [指導教員]星 伸一 教授 [キーワード]パワーエレクトロニクス?電動機制御
[テーマ例]?エネルギー損失の少ない高効率電力変換回路の研究 ?電気自動車駆動用モータに適した電力変換回路と制御法の研究 ?高圧水素タンクレス水素発電システムに関する研究

私たちはさまざまなエネルギーを消費することにより、快適な暮らしを手に入れています。自然エネルギーなどの環境にやさしいエネルギーを使用するとともに、エネルギーを無駄なく有効に利用する技術の一つとして「パワーエレクトロニクス」技術があります。本研究室では、パワーエレクトロニクス技術に関する研究を行っています。

前田 研究室

[専攻]電気通信工学、光エレクトロニクス [指導教員]前田 讓治 教授 [キーワード]光通信システム,光工学
[テーマ例]?光ファイバ通信のコンピュータシミュレーション ?光ファイバを使ったレーザの実験 ?光ファイバで携帯?スマホの信号を送る実験

光ファイバは、電話?テレビ?インターネットなどの担い手として、私たちと情報社会をつなぐ大切な役割を果たしています。本研究室では、光ファイバ通信をさらに高性能化する研究や、携帯?スマホ等のモバイル通信への光ファイバの応用、光ファイバで作ったレーザなど、幅広いテーマにチャレンジしています。

松田 研究室

[専攻]メディア情報工学 [指導教員]松田 一朗 教授 [キーワード]データ圧縮,コンピュータビジョン
[テーマ例]?マルチメディアコンテンツの圧縮手法 ?圧縮処理により劣化した画質の改善 ?デジタルコンテンツ制作技術

マルチメディア社会では、映像として記録された大量のデータを人間にとって利用しやすい情報に加工する技術が重要になります。本研究室では、映像コンテンツの画質を保ったままデータ量を削減する手法や、臨場感溢れる高品位映像を取得?生成?加工?表示するための各種技術について研究しています。

山本 研究室

[専攻]医用生体電子工学、電磁波工学 [指導教員]山本 隆彦 准教授 [キーワード]電磁環境,医用生体電子
[テーマ例]?体内埋込み型機器への経皮エネルギー?情報伝送 ?電磁環境を考慮した電子機器設計 ?電磁波をセンサとして利用した計測システム

人が質の高い生活を送るためには「医療」は不可欠です。最新の医療は学際的な協力体制が欠かせません。本研究室では、人工心臓など体内埋込み型医療機器に対する電磁環境を考慮した非接触エネルギー伝送や通信、模擬整体、各種アンテナの開発をはじめとする電磁波の医療応用をメインテーマに、最新の医療機器を支える要素技術に関する研究を行っています。